出産費用

とても喜ばしいことですが、出産において気になるのが出産費用ではないでしょうか?
出産にかかる費用の平均相場 などを紹介します。まずポイントとなるのは

どこで生むのか?

出産はどこで生むかによって、まったく異なってきます。 無痛分娩か普通分娩かでも可能な病院とそうでない病院もあります。 費用も無痛分娩の方が多くかかるため、選択しておく必要があります。

地元で生むのか、現在住んでいる近くの病院で出産するか、無痛分娩にするか普通分娩にするかなど 考慮して病院を選択する。

産院のタイプは?

下記表のように病院のタイプによって費用が変わってきます。 助産院で出産するのが安くなっていますが、それぞれの事情で設備が充実した場所で出産したいなど、希望もあるかと思いますので、家族で話しあいましょう。友人などで近くで出産した事がある方がいれば、情報収集しておくことをオススメします。

産院別出産費用の相場・平均

公立の大学病院 25万円~30万円
私立の大学病院 30万円~40万円
総合病院 30万円~35万円
専門病院 30万円~50万円
個人病院 30万円~40万円
助産院 20万円~30万円

豆知識

出産育児一時金って聞いたことありませんか?

産科医療補償制度に加入する医療機関で、
在胎週数22週に達した日以後の出産 42万円
在胎週数22週に達しなかったとき  39万円
産科医療補償制度に加入していない医療機関での出産  39万円

出産育児一時金 42万円 +αが給付される場合もあります。

出産育児一時金はいつもらえる?

出産育児一時金ですが、出産後に申請してから1,2ヶ月後にもらえるため、出産費用については準備しておかなければいけません。
ただし、事前に申請することも方法もあります。出産育児一時金と出産費用との差額の現金を準備しておけば大丈夫です。くれぐれも申請は忘れずに!